グループの説明

リモートでHaskell関連の何かをやるコミュニティです。

2017年のテーマは

  • 人工知能に関する何か
  • GHCJS を使った何か

の二本立てでいくことにしました。

人工知能の方は、この本を読みながらディープラーニングの仕組みを学ぶことにします。
ゼロから作るDeep Learning

この本のコンセプトは、 Python で実装しながらディープラーニングの原理を学ぶ、というものです。
ここでは Python は読むだけにして、Haskell で実装してみることにします。

GHCJS の方は、実際に動くブラウザアプリを作ることを目指します。

  • 既存の FRP ライブラリ
  • material design を踏襲したデザイン
  • canvas や svg を活用したグラッフィックス

などを視野にいれつつ、実践的なノウハウを蓄えることができればよいと思います。
あわよくば、ブラウザベースのスマホアプリにまで昇華できればよいですね。

会としてはもくもく会のようなサロンのような形になりそうです。
基本的に週一くらいのペースでやろうと思いますので、興味と都合が合いましたらご参加くださいませ。

Slack

イベント中のやりとりは Slack にて行っています。 参加の方は事前に登録をお願いします。
http://remotehs-slackin.herokuapp.com/

過去のもの

移転前

メンバー 60人)

管理者

  • kayhide

他のメンバー

  • roadrunner
  • Yoshi
  • otanet
  • yonekawa_masa
  • Ken Ho
  • borori
  • 2yan
  • taku999
  • ryousei_takahashi_5
  • satzz
  • kawarusosu
  • YusukeSeino
  • TomohisaKuranari
  • autoalgo
  • d-goat
  • jang_ist_tot
  • tamaki
  • Hisshan
  • knih
  • tkmsm

リンク

資料(0件)

    グループに紐付いているイベントページで資料が投稿されると、最近10件まで表示されます。